1分でできるレアチーズケーキ?の作り方(反則技)正統派の人は見ないように!

1分でできるレアチーズケーキ?の作り方(反則技)正統派の人は見ないように!

●クリスマスと言えば?

料理はほとんどしない英文法講師Daikiです。

フィリピンでは、たまにお好み焼き、スパゲティー、ホットケーキをつくるぐらいですね。

 

クリスマスと言えばやっぱりケーキですね。

私は申込書を提出した覚えはありませんが、自動的に甘党に所属しており甘いものが大好きです。

辛党とは敵対関係という人もいるかもしれませんが、まあお互い仲良くやってます。

 

さて「料理ができない人が反則技を駆使してレアチーズケーキをつくるとどうなるか」の紹介です。

今回は「クックパッド」という超便利なサービスは使っていません。

 

●用意するもの

材料
  • クリームチーズ 220g
  • チョコチップ・クッキー 200g
  • ブルーベリージャム  350g
  • スプーン少々
 

 

これだけです。(写真のごま塩は使っていません、たまたま机の上にありました)

ボウル、ヘラ、ガスコンロ、冷蔵庫すらも使いません。

 

はい、そこの感のいいあなた、そうです。

クリームチーズ、ジャム、クッキーをそのまま サンドイッチの要領で盛りつけるだけです。

インスタント・レアチーズケーキという感じです。

 

日本だと森永のクラフト 小さなチーズケーキ(ブルーベリー)が好きで、たまに買っていました。

小さなチーズケーキ
(出典:森永乳業株式会社 http://www.morinagamilk.co.jp/products/cheese/cheesecake/276.html )

 

フィリピンだと似たような商品はもちろん「ない」です。

素直にスターバックスでレアチーズケーキを頼めばいいのですが、何事もチャレンジということで…

 

●実際に作ってみる

男らしく承太郎ばりにオラッ!と盛りつけてみるとこうなりました。

ためらってはいけません。自分の心の声を聞きながら素直に盛り付けましょう。

見かけが・・・なのでモザイク処理をしています。

写真をクリックするとモザイクが消えます。(スマホの方は写真をタップ)


 

少しだけ芸術センスを入れると

●味は?

他の人にも試してもらいました。

思っていたよりも美味しかったという感想をもらいました。

私の感想はクリームチーズ100%を食べているので味が濃厚、少し塩味アピールがあるがチョコチップ・クッキーとジャムの甘さで調和されて許容範囲です。

フィリピンだと甘すぎるレアチーズケーキがよくあるので、そちらよりも十分食べれます。

 

●課題

次回はきちんとクックパッドを参考に作ってみようかな?

チョコチップ・クッキーを買ったのに、チョコチップが1粒も入っていなかったT.T

これでは300m走れません。同じ商品は2度と買わないと決めました。

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Daiki
フィリピンのアテネオ経営大学院でMBAを取得。ACERSでは夜の英文法クラスを担当していた。楽しい授業、笑顔を作りだす授業がモットー。時には際どいネタで思いっきりスベることもあるらしい。お笑いと英語の勉強を融合できないかを研究中。5日間で英語脳をつくる無料英文法セミナーを開催中
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す