アメリカ英語発音を習得すべき?それともイギリス英語発音?

アメリカ英語発音を習得すべき?それともイギリス英語発音?

Please click here to check the English version.

「Rの発音」を3分で矯正する無料発音ビデオセミナーを開催中のAluです。

今回はアメリカ英語発音とイギリス英語発音について述べます。

 

●アメリカ英語発音とイギリス英語発音の習得

この質問の内容は本当にあなたの能力によります。

もし、あなたがよりアメリカ英語発音に魅力を感じ、習得したいのであれば、誰もあなたを止めることはできません。

もし、あなたがイギリス英語発音を好み、独学で身につけられるのであれば何の問題もありません。

もし、特に好みはないが、日本語訛りの英語を上達したい場合は、誰にでも聞き取りやすく、分かりやすいニュートラルアクセントを目指しましょう。

 

●ニュートラルアクセント

ニュートラルアクセント、またはリデュードアクセントはあなたの日本語アクセントを修正する方法です。

連続したステップを踏んで 例えば舌、アゴ、口の動かし方を変えて母音、子音の音を形作ります。

これはコールセンターのエージェントの間で広く行き渡っており、非常に有用であることが証明されています。なぜなら、彼らはネイティブスピーカー、ノンネイティブスピーカー両方と問題なく意思の疎通ができるためです。

 

●アクセントを改善

さて、あなたのアクセントを改善するための最初のステップは、アメリカ英語発音、イギリス英語発音、ニュートラルアクセントどの方向を目指す場合でもあなたの問題のあるエリアを認識することです。

例えば、母音エリア、子音エリア などです。これはたいてい、アゴ、口、唇や舌が十分に動かせることができることを含みます。

残念ながら、これらの発音器官を十分動かすというのは日本人学習者の課題となっています。

「自分のやり方で英語を発音するんだ」と主張して、歯、口をほとんど開けずに英語を話しても何の成果もあがりません。

 

諺にもあるように、「まかぬ種は生えぬ」 つまり、「労力なくして得るものなし」

こういうわけで、正しい方法で英語の発音を学ぶのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参考:

1)    www.wikipedia.org

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Alu
TOEIC初受験で満点の990点をさらっと獲得!英語教師歴は13年に及ぶ。日本人留学生の弱点を知り尽くしており、今もなおティーチングメソッドを改善中。英語教育に妥協を許さない本気な先生。最近始めた3分でRの発音を矯正する無料発音ビデオセミナーが大好評!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す