ネイティブのように、”wanna”などの短縮形の発音を習うべきか?

ネイティブのように、”wanna”などの短縮形の発音を習うべきか?

 

Please click here to check the English version.

「Rの発音」を3分で矯正する無料発音ビデオセミナーを始めたAluです。

●英語の短縮形

英語の短縮形は”gonna”,”wanna”,”kinda”などがあります。短縮形の発音は速く話すためのリンキングとブレンディングのもう一つの方法です。これについては悪いことはありません。実際、個人的には役に立つと思っています。

しかし、短縮形の発音は速く話すときにのみ正当な手段です。

そうでない場合には、大げさでバランス悪く聞こえます。

例えば、"want to" の短縮形 "wanna"のみを知っていて、"wanna"を発音するときのみ短縮形を使う場合です。普通に話しているのに"wanna"の時だけ突然短縮形が使われると、かえって目立ち滑稽に聞こえます。

 

●英語発音への取り組み

英語で最も重要な音に賢明に時間とエネルギーを費やしてください。

これらの困難な発音を克服できれば、英語の短縮形を習得するのは「そよ風」のように簡単に感じます。

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Alu
TOEIC初受験で満点の990点をさらっと獲得!英語教師歴は13年に及ぶ。日本人留学生の弱点を知り尽くしており、今もなおティーチングメソッドを改善中。英語教育に妥協を許さない本気な先生。最近始めた3分でRの発音を矯正する無料発音ビデオセミナーが大好評!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す