英語での名刺交換をショートビデオで学ぶ

名刺

英語での名刺交換

欧米諸国では名刺交換に決まったルールはありません。フィリピンでも厳格なルールはありません。

日本の名刺交換はフォーマルですので、

挨拶 + 名刺交換 + 日本のルール

で覚えておけば海外でも困りません。

 

欧米人は日本人と違い名刺を丁寧に扱わない人もいますが、ここは文化の違いということで割りきっておきましょう。

 

海外での名刺交換は大きく3つです。

1.挨拶

2.名刺交換

3.話を膨らます(スモールトーク)

 

こちらのサイトに英語での名刺交換方法が詳しく載っています。
(参考と英文を引用させていただきました。)

 

英語での名刺交換ショートビデオ

<登場人物>

Karen(女)    -  ACERS Schoolの先生

Daiki (男) -  アテネオカンパニーからきた訪問者



 

ビデオのスクリプトとポイント

①まずは挨拶からです。

ポイント

相手の目を
スマイル
挨拶と握手をする。
Daiki: Good morning. My name is Daiki Shimizu.
ダイキ:おはようございます。私の名前は清水大輝です。

Karen: Hi, I'm Karen Gurobat. Nice to meet you, Mr. Shimizu.
カレン:おはようございます。私はカレン グローバットです。よろしくお願いいたします、清水さん。

Daiki: Nice to meet you, too.
ダイキ:こちらこそ、よろしくお願いいたします。

 

②名刺交換

Daiki: Excuse me. Could I exchange business cards?
ダイキ:失礼ですが、名刺を交換していただけますか?

Karen: Sure. No problem.
カレン:もちろんです、よろこんで。

 

 ポイント

・訪問者から先に名刺を渡します。
名刺は名刺ケスの上に置き、手で持ちます。
名刺は相手の方が文字をめる向きで渡します。
相手の方よりも自分の名刺が下になるよにすると、より丁です。
Daiki: Here is my business card. I'm in charge of e-marketing at Ateneo company.
ダイキ:こちらが私の名刺です。私はアテネオ会社でe-マーケティングを担当しています。

Karen: Oh, here is mine. I'm a head teacher of ACERS Center for English School Services.
カレン:こちらが私の名刺です。私はACERSセンター英語学校サービスのヘッドティーチャーです。

 

Karen: Thank you.
カレン:頂戴いたします。

Daiki: Thank you.
ダイキ:頂戴いたします。

 

 ポイント

すぐにいただいた名刺を名刺ケスに入れてポケットにしまってはいけません。
いただいた名刺の情確認します。
外国人の名前を読みがしいことが多いので、自信がなければこのときにみ方、音をきます。
 

③話を膨らます(スモールトーク)

ビジネスウーマン

様々な表現を確認してみましょう。

  1. 相手の名前の「発音」「アクセント」の位置を確認する
    "Excuse me but, could I have your name again, please?"
    (失礼ですが、お名前をもう一度お伺いしてもよろしいですか?)
    “What should I call you?”
    (何とお呼びすればよいですか?)
  2. 具体的な仕事内容を聞くためのフレーズ
    "What do you do?"
    (何をなさっているんですか?)
    "What line of business."/ "work are you in?"
    (どういった関連のお仕事ですか?)
    "What kind of business are you engaged in?"
    (どんな種類のお仕事をなさっているんですか?)
    "What does your company do?"
    (御社は何をしている会社ですか?)
  3. 自分の会社について、相手に聞いてみる
    "Do you know about our company?"
    (弊社をご存知ですか?)
    "Have you heard of our company?"
    (弊社についてお聞きになったことは?)

 

こんな状況での英会話が知りたいというのがありましたら、お問い合わせで要望をお伝えください。

可能な限り対応いたします。

 

記事をシェアしていただき、ありがとうございます。

facebookのいいねによる応援、まことにありがとうございます。