フィリピンでスマートフォンを使ってのインターネット費用を比較(プリペイドプラン)

フィリピンでスマートフォンを使ってのインターネット費用を比較(プリペイドプラン)

 ●日本のスマートフォンをフィリピンで使用

日本で購入したスマートフォンをフィリピンで使用したい場合は、国際ローミングサービスを使用することになります。

しかしこれだと通信料金が高額になります。その対応策としてはSIMロックを解除してフィリピンのSIMカードを使うという方法です。

現状はドコモの特定機種のみSIMロック解除が可能なようです。

しかし海外で使う時にPINコードの入力を求められたりする場合があるので注意が必要です。

 

ソフトバンクとauのスマートフォンは日本の店頭でSIMロックを解除しても海外で使えません。

ソフトバンクのSIMロック解除ドコモやauで使えるようにするためのSIMロック解除です。

・auのSIMロック解除はauの他の携帯でも使えるようにするためのSIMロック解除のです。

他の方法としてはフィリピンでSIMフリーのスマートフォンを買うことです。

 

●フィリピンでの携帯契約の種類

フィリピンではモバイルインターネット用にプリペイドプランとポストペイドプランがあります。
短期英語留学用には複雑な申し込み手続きが必要ないプリペイドプランがオススメです

ポストペイドプランだと申し込みが複雑になり身分証明書、住所証明書、支払い能力証明書などが必要になります。

フィリピンで主な通信会社は3社です。

1. SMART

2. Globe

3. Sun Cellular

の各電話通信会社から最も電波状況と通信速度がいいものを選ぶのが良いでしょう。
電波状況は自分のいる位置に依存するので現地で確認するか、周りの人に確認しましょう。

SIMカードは自分の使っているスマートフォンのサイズにあったものを選びましょう。小さい中のモールだとスタンダードタイプのものしか売っていないところがあります。マイクロSIM、ナノSIMを購入したい場合はSMARTショップやGlobeショップで直接購入しましょう。

(注)モバイルインターネットのプランはよく変更されるので、常に最新の情報を確認しましょう。
調べてみたところ以下のようになります。(2013年5月時点)

 

●各通信業者のプリペイド料金プラン(モバイル・インターネット)

モバイルインターネットプリペイドカード 1ペソ=2.5円で換算 (2013年5月時点)

SMART


プラン名 費用 円換算 利用可能な容量 期間 登録方法
Always On 20 ₱20 ¥50 45MB 1日 SMSで2200を送る。(宛先20)
Always On 30 ₱30 ¥75 75MB 1日 SMSで2200を送る。(宛先30)
Always On 199 ₱199 ¥498 180MB 15日 SMSで2200を送る。(宛先199)
Always On 299 ₱299 ¥748 250MB 30日 SMSで2200を送る。(宛先299)
Always On 499 ₱499 ¥1,248 1000MB 30日 SMSで2200を送る。(宛先499)
Always On 995 ₱995 ¥2,488 2000MB 30日 SMSで2200を送る。(宛先995)
※プラン申込み無しでのモバイルインターネット:10ペソ/30分

 

Globe


プラン名 費用 円換算 期間 登録方法
SUPERSURF 50 ₱50 ¥125 1日 SMSで  SUPERSURF50  を送る。(宛先8888)
SUPERSURF 200 ₱200 ¥500 5日 SMSで  SUPERSURF200  を送る。(宛先8888)
SUPERSURF 999 ₱999 ¥2,498 30日 SMSで  SUPERSURF999  を送る。(宛先8888)
※プラン申込み無しでのモバイルインターネット:5ペソ/15分

 

Sun cellular


プラン名 費用 円換算 利用時間 有効期間 登録方法
SBW25 ₱25 ¥63 3時間 24時間 SBW25プリペイドカードを購入、又はSMSでSBW25を送る(宛先2292)
SBW50 ₱50 ¥125 無制限 24時間 SBW50プリペイドカードを購入、又はSMSでSBW50を送る(宛先2292)
SBW100 ₱100 ¥250 無制限 3日間 SBW100プリペイドカードを購入、又はSMSでSBW100を送る(宛先2292)
SBW250 ₱250 ¥625 無制限 7日間 SBW250プリペイドカードを購入、又はSMSでSBW250を送る(宛先2292)
※プラン申込み無しでのモバイルインターネット:10ペソ/30分

 

●APNの設定(アクセス・ポイント・ネーム)

モバイル・インターネットを利用するにはAPNの設定が必要です。

使用するキャリアとサービスによって接続先の指定が必要になります。

SMART

Smart Bro

プリペイドAPN: smartbro

 

Smart Buddy, Smart Gold

プリペイドAPN: internet

 

Globe

プリペイドAPN: http.globe.com.ph

 

Sun Cellular

プリペイド
APN (static): minternet
Authentication: PAP
IP address: dynamic

 

ACERS英語学校の場合、各携帯会社の電波強度の順位は以下の通りです。

1. Sun Cellular
2. Globe
3. SMART

フィリピンのSIMカード
当スクールでは、通常はWi-Fiをご利用頂けるので学校内でモバイルインターネットは特に必要ありません。

Wi-Fiのプロバイダーにトラブルが合った場合の緊急用に、モバイルインターネットが使える環境を用意しておくのは良い考えです。

(Daiki)

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Daiki
フィリピンのアテネオ経営大学院でMBAを取得。ACERSでは夜の英文法クラスを担当していた。楽しい授業、笑顔を作りだす授業がモットー。時には際どいネタで思いっきりスベることもあるらしい。お笑いと英語の勉強を融合できないかを研究中。5日間で英語脳をつくる無料英文法セミナーを開催中
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す