フィリピンと英語についてのビックリ

フィリピンと英語についてのビックリ

これは校長の英語ブログの日本語訳です。
Click here to check the English version!

●フィリピンについてのビックリ

もし誰かがサハラ砂漠の火山の噴火口で生きた魚を捕まえましたと言ったら、私はとてもビックリするでしょう。もしかするとこの驚きの度合いは、フィリピンのことを知らない日本人が、フィリピンに英語留学したという人に会った時の驚きレベルと同じぐらいかもしれません。

多くの日本人には知られていませんが、フィリピンでは英語が話されているんです。英語は我々の第二公用語です

何人かの人はこう思うかもしれません、

「どうせフィリピン人が使う英語はフィリピン訛りが酷いタグリッシュだ」

と、これらは日本語訛りの強い英語や韓国訛りの強い英語と変わらないと思うかもしれません。

 

しかし、フィリピンでは少し事情が違いますね。

さてフィリピンでどのような英語が話されているかをイメージしやすくするために、いくつかのyoutubeビデオを見てみましょう。

フィリピン人の生徒が国際スピーチコンテントで優秀な成績を収めています。この若きフィリピン人生徒が優勝したときは若干19才でした。

毎年一回開催されるこのイベントはロンドンにある英語スピーキング協会がスポンサーです。

彼女は計37カ国からの参加者50人と競い合いチャンピオンになりました。(wikipedia参照)


 

下記のビデオでインタビューを受けているフィリピン人女性は若干18歳です。

1989年にミュージカルのMiss SaigonのKim役に抜擢されました。

このミュージカルのプロデューサー達はイギリスで西アジア出身の主演女優/歌手を見つけることができませんでした。彼らは世界各国でたくさんのオーディションを開催しました。候補者が見つからず、ほぼ諦めかけたときにフィリピンに来ました。

そして多くの才能あふれる志願者の中から、キラリと輝く女性を見つけ出したのです。

彼女が選ばれた理由としては優れた歌唱力、英語能力などがあります。

彼女以外にも有能なフィリピン人が他の役に選ばれました。もし彼女たちがフィリピン訛りのアクセントがあったのなら、ミュージカルで使われる英語の歌がどれほど魅力的になったか疑問です。


彼女が達成したことは多すぎて書ききれないです。

もし彼女についてもっと知りたい方はこちらをクリックして下さい。

 

●アジア標準と世界標準

ほとんどのアジア諸国では白い肌の女性が美しいとされています。私もこの意見に賛成です。

しかし欧米標準では小麦色の肌が美しく、セクシーな肌色とされています。

こういうわけで、欧米諸国の女性たちの間で日焼けマシーン、日焼けローション、日光浴が大変人気なわけです。

フィリピン人の肌は小麦色です、これは国際的なビューティーコンテストにおいてフィリピン代表のアドバンテージとなります。

実はミスフィリピンのアドバンテージは肌の色と魅惑的な美貌だけではありません。

英語の流暢さがまたとない武器となるのです。

例えば、以下のビデオのように通訳者なしで英語の質問にスラスラ答えることができます。



 

●フィリピンと英語の関係をもっと確認

次は私が大好きなビデオです。なぜならこの国際ビューティーコンテストは2005年に東京で開かれたからです。

キュートボイスの女性アナウンサーは日本人です。

彼女はミスフィリピンに対して礼儀正しかったです。彼女はこう言いました。

Precious Lara Quigamanさん(0:13)と(1:46)

こちらのビデオの35秒からQ&Aセッションが始まります。


 

フィリピンの小さな田舎に住む少年でさえ英語の歌を上手に歌います。

どうぞこの少年がどのように英語を発音しているか?

どのように感情を伝えているか?を聞いてみてください。

あなたがこのように歌おうとすると、この少年のように本当に歌を理解している必要があります。

この少年は本当に驚きです。



 

以下のビデオではアメリカの有名なトークショーの司会者が先ほどの少年の歌に驚愕しています。



 

道路で遊んでいた子供も元気にホイットニー・ヒューストンの歌を歌っています



 

フィリピンのクイズ番組でさえ英語が使われています。



 

●他に英語が使われている分野

さて再び多くの日本人が知らないことでしょうが、フィリピンでの第2公用語は英語です。

このブログの冒頭部分で述べたように、ここフィリピンではビジネスシーン、宗教的な行事、放送業界などで英語が使われています。

複雑な学科、例えば、
  • 薬学
  • 数学
  • 物理学
  • 科学
  • 哲学
  • 心理学
  • 社会学
  • 生物学
など。

これらの教科を学ぶとき、英語のみが情報の媒体となっています。

フィリピンでパソコンを使うときに必要になるのは英語です。

英語の映画、英語のテレビプログラムはタガログ語の字幕はありません。

英語とフィリピンの関係についてのブログはこちらをクリック(英語)

 

フィリピン人の看護師はアメリカとヨーロッパで大変人気があり、需要があります。の理由は思いやりがあるというだけでなく、英語でコミュニケーションできる能力に寄るものです。

これは事実です。

しかしながら、フィリピンは開発途上国なので近くのアジア諸国の人達は私達の英語能力に懐疑的です。

さて次のブログではフィリピンの歴史を簡単に述べたいと思います。

なぜ英語はフィリピンの第2公用語で、なぜ英語をフィリピンで学習することが良いのでしょうか?

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Beth
ACERS Schoolの校長。英語への熱い情熱をそそぐ教育者。自分の信念に向かってまっすぐに進むという生き方があなたの心を打つ。さあ決めたが吉日、今すぐ私達と一緒に英語の勉強を始めましょう。英語があなたを変え、あなたが社会を変え、社会がみんなを幸せにします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す