校長のオススメブログまとめ(英語→日本語に翻訳)

英語ブログ

1. ショートストーリー

多くの生徒さんは発音クラスは必要ないと言います。彼らはこう言います。

「自分たちは英語でどうやって話すかを習うだけでいいのだ。」

しかし、実は英語で話すということは発音を含むのです。そして発音というのは聞き手が最初に気づくことです。語彙能力と英文法を気にするのは発音の次です。中国語ではほんの少しのイントネーションの違いで単語や文の意味がまったく異なります。英語では、ほんの些細な舌の位置の違い、口の形の違いで単語の意味が別の物に変わります。そして一つの単語の意味の違いがセンテンスに影響するのです。

例:発音が少し違うと

"I would like to watch Voice of America."

「Voice of America (VOA)というニュース番組」

"I would like to watch Boys of America."

「アメリカの少年達」

 

言いたかったこと:

"I'm going to McDonald's to buy a bottle of water and one hamburger."
「ボトルに入った水とハンバーガーを買いにマクドナルドに行きます。」

発音を間違えると:

"I'm go-ing to Macco-Donardo to buy a batta of watta and a hambagaa"
「ワタボトルとハンガガアを買いにマツコ・ドナルドに行きます。」

 

このような喋って他の人があなたの言うことを、はたして理解できるのでしょうか?

続きはこちらのブログで↓

発音はささいなこと?

英語の発音を甘くみていると銃で撃たれる?

 

2. 読者の皆様へ

読書

あなたは英語を本当に一生懸命勉強しているかもしれません。しかし、もし英語の勉強を間違った方法で行っていると、進歩が少ししか現れないことでしょう。英単語と英文をたくさん覚えることは、英語が上手に話せるという意味ではありません。あなたが英語のライティング、スピーキング両方の手段で他の人と問題なくコミュニケーションできるようになって初めて、英語がデキると言うことができるのです。聞き手があなたの言っていることを理解でき、あなたも他の人の言っていることが分かれば、会話はスムーズになります。

残念ながら、たくさんの生徒さんは、ただ単にたくさんの英文法ルール、単語、英文を覚えることがベストな英語の勉強方法だと思っています。あなたは覚えた単語や英文を使えるかもしれません、しかしあなたは誰に対しても、どんなシチュエーションでも同じ表現しか使えないかもしれません。なぜならそれらがあなたが丸暗記したことだからです。これらは心がこもっておらず機械的に聞こえます。実際のシチュエーションでは(特にビジネスシーンでは)人と人がコミュニケーションを行っているので心が通い合うのです。機械とやりとりをしているのではありません。

何人かの生徒さんは英単語と英文をただ暗記します、なぜならそれが日本でずっとやってきた学習法だからです。このように考えてみましょう、もし
あなたが行ってきた英語学習法で自身を持って英語を話せるようになっていなければ、その間違った方法を捨てて、新しい英語学習法をトライするべきです。

最高の英語学校を選ぶための条件を考えてみましょう。まず最初に学校長と先生の英語能力をチェックすることです。もし彼らの英語能力が素晴らしければ、彼らはあなたにどのように英語を習得すべきかを教える立場にあるわけです。ACERSの先生たちはこの立場にあります、なぜなら私達がどのように英語を習得したかをあなたに教えることができるからです。ACERSの人々はビジネスマンではなく教育者なのです。

続きはこちら↓

英語学習でやってはいけない3つのポイント

 

3. タイトル:ACERS英語学校に入学することで何が期待できるのでしょうか?

英語学校のスタッフと生徒さん

あなたが実際に行っている英語の勉強方法が、実は上達がゆっくりになる原因だと分かることでしょう。何人かの生徒さんは彼らの間違いを修正されることを嫌います。理由は、恥ずかしいから、自分の知っていることは正しいと信じているから、間違いを認めたくない、など色々あるでしょう。 もし英語の間違いを直して欲しくないのなら、そもそもなぜフィリピンに英語を勉強しにくる必要があるのでしょうか?

もしあなたが他の英語学校から移ってきた場合、前の学校の先生は「あなたの英語はとても良い」と言っていたかもしれません。ACERSの先生があなたの英語の間違いを指摘します、あなたは少し気分を害するかもしれません。しかしここACERSではあなたの間違いを見過ごすことはできません。あなたは貴重なお金を支払っているのです、そのお金を稼ぐのには大変な努力が必要だったはずです。大切なお金はきちんと英語を習うことに使われるべきです。

こういうわけで私達はあなたが受けるべきベストな英語教育を提供いたします。

続きはこちら
ACERS英語学校に入学することで何が期待できるのでしょうか?

 

4. たった10日間で、英語を堪能に?

スピーキング

英語が堪能であるということはどういうことでしょうか?これはあなたがどれだけ発音の流れ、シラブル、単語。フレーズを、喋る時にどれだけスムーズにできるかということです。このことは語彙の質と量、またどれだけ正確にそれらを使用できるかということを含みます。
英語に堪能ということはネイティブスピーカーとノンネイティブスピーカー両方にきちんと理解してもらえる能力のことです。

英語が堪能ということは英語の文章を読んでしっかりと理解できる必要があります。更に言えば、堪能さはライティングが効果的にできなければなりません。なぜならライティングは英語による重要なコミュニケーション手段の一つだからです。付け加えると高いレベルで英語を理解できることも英語が堪能と見なされる条件の一つです。

更に、 言語はある文化を言葉で表現するものです。私達の考えは、私達が使う言語から影響を受けています。要するに、言語が堪能ということは質問をしたり、答えたりするだけの能力ではないのです。

例えば

"How are you?"

"Where are you going?"

"I am going to a cafe."

など

堪能さは言葉ではっきりと伝えられていないことも、きちんと理解できる能力を包括します。

さて上記で述べた多くのことをたった10日間で習得することができるのでしょうか?
口を大きくして言いましょう。答えはNoです。

続きはこちらで↓

本気ですか? たった10日間で、英語を堪能に?

 

5. タイトル:ショック! ショック! ショック!

驚き

多くの外国人、特に日本人に次のことは驚きでしょう。英語がフィリピンで教えられています。多くの人は知らないでしょうが、フィリピンでは英語が第2公用語として使われています。

フィリピンとフィリピン人と英語の関係として

・フィリピン人の学生は国際的な英語スピーチコンテストで大変優秀な成績を残しています。
・フィリピン人は国際的な英語のミュージカルに秀でています。
・美の祭典であるミス・ユニバースでも優れた結果を残しています。ミス・ユニバースのQ and Aでは英語が使われています。
・フィリピンのいくつかのテレビ番組は英語が使われています。
・私達フィリピン人は英語のテレビ番組や映画を字幕なしで見ます。

更にフィリピン人の看護師はヨーロッパ、アメリカ、カナダで引く手あまたとなっています。その理由は彼らの患者さんに対しての
思いやりの心が強いだけでなく、英語によるコミュニケーション能力が非常に高いからです。

続きはこちら↓

フィリピンと英語についてのビックリ

 

6. ブログタイトル:TOEICのスコアと英語スピーキング

英語の発音

TOEICのハイスコアを持っていることは、英語を上手に話せることと同じではありません。TOEICのスコアだけが高くて英語を流暢に話せない人がいることは、実は驚くべきことではありません。

日本の会社ではTOEICのスコアが英語能力を図るバロメーターになっています。私達は生徒様がTOEICのハイスコアを達成することに加え、英語を上手に話せるようにトレーニングいたします。あなたのスムーズな英語でのコミュニケーションスキルがTOEICのハイスコアの証明になります。

続きはこちら↓

TOEICスコアと英語スピーキングの関係

 

7. 英語留学中に岐路に立たされる日本人

言っていることが分からない

ACERSに英語留学中は、どうぞ英語をきちんと勉強してください。

彼氏や彼女を探すのが第一目的の方は当校は適していません。また飲み仲間を探すのにも適していません。ACERSはあなたがハイレベルな英語教育を受けることができる場所です。

もしあなたがただ単にフィリピンを遊ぶだけの場所として来るのなら、どうぞ他の学校を探してください。

続きはこちら↓

英語留学中に岐路に立たされる日本人

 

8. 語と語のつながり

つながり

世の中には100万語以上の英単語が存在します。ある参考書を確認すると
多作にて成功した英語ライターの「Winston Churchillさん」でさえ 6万語の英単語しか使えませんでした。

ここで質問です。あなたはこの膨大な英単語を全て覚えることができるのでしょうか? 誰もそんなことはできませんね。 代わりに私達はあなたに教えれるテクニックがあります。これによりあなたは例え初めて出会った単語でも意味を推測することができるようになります。私達はこれを文脈からの意味の推測と呼んでいます。

つづきはこちら↓

語と語のつながり

 

9. 文法を勉強しなきゃ、もっと文法を勉強しなきゃ?

ビジネスライティング

過度の英文法と単語の暗記はあなたのスピーキングをつっかえさせる原因となります。なぜでしょうか? それはまず第一にあなたは単語を日本語で思い出して、その後、英語に翻訳します。更に主語に何を使おうか? 動詞はどうしようか? それは単数複数によって変わるのか? 時制は現在形、過去形、未来形どれを使おうか? どのセンテンスパターンを使おうか? 脳内でこれらのことを決めて、最終的に口から発します。

時々あなたの英文法は正しいですが、実際には自分で伝えたかった内容の文を作れないことがあります。これは英会話をより難しいものにし、時には不可能にさえします。ACERSではあなたが日本語から英語翻訳、また英文の組み立てをすることなく話せるようにトレーニングいたします。(本能的)私達はあなたを心から英語を使えるように訓練するのです。

つづきはこちら↓

文法を勉強しなきゃ、もっと文法を勉強しなきゃ?
フィリピン留学についての疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただき、ありがとうございます。

facebookのいいねによる応援、まことにありがとうございます。