Beth校長のプロフィール

Beth写真

役職: 校長/CEO/設立者
フルネーム: Elizabeth D. Andres
ニックネーム: ベス
 

■Beth校長からのメッセージ



 

学歴 (英語関連のみ)

 

■小学校

◯地区レベルチャンピオン

即興エッセイコンテスト テーマ「フィリピンの社会経済復帰における教育の役割」

 

◯地域レベル 5位

即興エッセイコンテスト

即興エッセイ テーマ「政府の対暴動プログラムにおける若者の役割」

 

◯ガールスカウト地区レベルファイナリスト

即興エッセイコンテスト

 

◯地域別スピーチコンテスト

学校を2位の座に導く。個人では数百人の児童の中からベスト3に選ばれる。

英語弁論

■高校

◯学校の代表演説者

2位 地区論説コンテスト

 

◯弁論大会地区レベルチャンピオン テーマ「愛国心」

 

■大学

公式大学広報 チーフエディター

 

■職歴(英語関連のみ)

英語の先生

■2004-2008

韓国系の英語学校にてESL(English as a second language)の先生

担当:

TOEIC, TOEFL, IELTS

基礎、初級、中級、上級文法クラス、

全てのレベルのスピーキング、ライティングクラス

 

■2008-2010

日系の英語学校にてESL(English as a second language)の先生

担当:

TOEIC, TOEFL, IELTS

基礎、初級、中級、上級英文法クラス

全てのレベルのスピーキング、ライティングクラス

 

■Beth校長についての風変わりな事実

 

・彼女が最初にお金を稼いだのは8歳のときでした。

方法はこうです。米と豆を拾い集めてそれらを地元の商人に売りました。他には自分でほうきを作って、それらを2ペソ(約4円)で売りました。

 

稲

・5歳のときにはチーク材の葉で自分の爪を色付けしていました。

(チーク材…熱帯の木で葉は赤色、爪の上でこすると赤に染まる。)

これらは誰かが私にお願いしたわけではなく、自分の意志でそうしました。

 

・9歳のときにはメリナ木の葉を縫い付けました。そして体中に葉っぱを巻きつけて空を飛ぼうとしました。

・7才のときに野生植物の樹液を飲んで腹痛を治そうとしました。

(今もちゃんと生きているので毒ではなかったようです。ちなみにフィリピンでも善人は早死するとも言われています)

 

・子供の頃彼女はバッタ、サナギを食べたことがあります。そしてなんと一度だけですがヘビを食べたことがあります。

バッタ

・老婆の声を真似ることができます。

・時々ウェディング・シンガーを引き受けています。

・悲しい時には夕焼けの絵を描きます。

夕焼け

・悲しいときではなくて、怒った時に泣くことが多いです。

 

■Beth校長の英語クラス例


オンライン英会話についての疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただき、ありがとうございます。

facebookのいいねによる応援、まことにありがとうございます。