英語に関しての意識の違い パート2

英語に関しての意識の違い パート2

これは校長の英語ブログの日本語訳です。

Click this to check the English version

 

●英語に関しての意識

英語に関しての意識の違いパート1の続きです。

この女の子は実際に英語でのリスニング、スピーキング、リーディングを使って生活していました。

この時点でフィリピンの学校に2年間通っていました。

彼女は文法を実際のリスニング、スピーキング、リーディングを通じて習っています。

なので彼女は文法規則を本能的に応用できるのです。つまり文章を分析せずとも、どの単語が空欄に合うかが分かるのです。

 

しかしこの英語留学中の男性は答えを導き出す前に文の形を理解して、全てのフレーズを理解しなくてはなりませんでした。

そしてこのことをもっと詳しくみてみましょう。

 

男性は母国で中学生のときに英語の勉強をスタートしました。

もし英語の勉強に費やした年月で考えると、男性はこの少女よりも長い間英語を勉強しています。

しかしこの少女はこの男性より流暢に英語を話すことができます。

言うまでもありませんが、この少女はTOEICを解くに関してもこの男性よりも優れています。

 

●なぜこのようなことが起こるのか?

真実はこうです。

留学中の生徒さんはたくさんの時間、お金、努力を費やし文法規則と単語を覚えます。

なので生徒さんが話す時もしくは英語の問題に答える時、文章を解析して、パターンと修飾語を把握します。

文章の構造を習うことはとても良いことです。

そして新しい単語、表現を覚えなければいけません。

 

しかし文法規則と新しい単語を覚えることを補うものがあります。

文法知識、単語の正しい使い方、単語のつづりはリーディングから学ぶものだと証明されています。

リーディングを行うことによって生徒さんは他のスキルも伸ばすことができます。

 

例えば推測、言い換え、書き換え、因果関係の認識、その他たくさんです。

生徒さんは彼らが聞いたり読んだりすることの意味に焦点を合わせるようにトレーニングされるべきです。

彼らはただ文章を解析し、彼らが理解していないかもしれない文法規則を列挙するだけではいけません。

覚えるだけの学習は生徒さんが自然と持っている情報を処理する能力を麻痺させてしまいます。

 

私は何人かの留学中の生徒さんはいくつかのポイントを伝えました。

彼らは先生が言ったり、書いたこと全てを覚えるようにトレーニングされましたと主張しました。

彼らは話すようにトレーニングされていません。

彼らは先生の言うこと全てに「はい」と言うようにトレーニングされました。

そしてこう言いました。

 

「私達は覚えたいんです。覚えて、覚えて、覚えまくりたいんです。それだけです。」

 

続けてこう言いました。

 

「私達は英語の勉強スタイルを変えるには年をとりすぎています。」

 

私は彼らのいうポイントが分かります、共感します。しかしこう考えるのです。

同じ穴を掘り続けて違う穴を作れますか?

ずっと続けている同じ方法をやって、違う結果が得られますか?

以下に示す単純なルールで締めくくりたいと思います。

 

●英語勉強の単純なルール 

(言語を勉強するとき、特に英語を勉強するときに)

1.英語を愛して下さい、少なくとも英語を好きになって下さい。

2.偏見なく受け入れるようになって下さい。広く使われているメソッドだからといって効果的ということではありません。

 

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Beth
ACERS Schoolの校長。英語への熱い情熱をそそぐ教育者。自分の信念に向かってまっすぐに進むという生き方があなたの心を打つ。さあ決めたが吉日、今すぐ私達と一緒に英語の勉強を始めましょう。英語があなたを変え、あなたが社会を変え、社会がみんなを幸せにします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す