TOEICスコアと英語スピーキングの関係

TOEICスコアと英語スピーキングの関係



これは校長の英語ブログの日本語訳です。

Click here to check the English version!


 

●TOEICのスコアと英語スピーキング

通例:

TOEICのハイスコアを持っている人(900オーバー)は英語を上手に話せる。

 

現実:

TOEICのスコアだけが高くて英語を流暢に話せない人がいます。

 

結論:

TOEICのハイスコアを持っていることは、英語を上手に話せることとイコールではありません。

よって、TOEICのハイスコアは英語の能力を測る上での根本的な指標には使えません。

 

質問:

ではなぜ、ここACERSでは生徒さんが満足するTOEICスコアが取れるように訓練するのでしょうか?

 

答え:

それは日本と韓国ではTOEICのスコアがその人の英語能力を測る目安となっているからです。

(昇進の条件、就職試験の条件など)

しかしながら上記に述べたように、これは一般的に思われていることで実際は違うのです。

 

ずっと昔に、韓国人の生徒さんがこう言いました。

韓国では、もしTOEICのスコアが900以下なら仕事に応募することを考えるべきではありません。

なぜなら韓国の小さい規模の会社〜大きな規模の会社まで一様にTOEIC900以上の人達のみを受け入れるためです。

 

日本でも同様な傾向があると思います。これは会社のオーナーや面接官が英語のことを十分に知らないからでしょう。

もし彼らが英語を喋れないのなら、一体全体 どのように英語ができるかどうかの判断ができるのでしょうか?

このような理由からTOEICを使い英語の能力を数値化することが必要になり、日本と韓国でTOEICが有名になったというわけです。

 

会社とTOEICスコア

●TOEICハイスコアは英語学習の最終目標になるか?

そうですね、生徒さんが必要なモノがTOEICのハイスコアでしたら、私達はそれを獲得できるようにトレーニング致します。

しかしTOEICのハイスコアを達成したら英語の勉強はストップしても良いのでしょうか?  

答えはもちろんノーです。

 

このことは生徒さんがACERSで体験できる驚くことの一つです。

私達は生徒様がTOEICのハイスコアを達成することに加え、英語を上手に話せるように致します。

TOEICのハイスコアと英語の習熟は生徒様の夢であることでしょう。

TOEICのハイスコアを持っているけど、英語のコミュニケーションスキルがないことは良いこととは言えないでしょう。

私達の狙いは英語のライティング、スピーキングに秀でた卒業生を送り出すことです。

私達の卒業生の英語力の伸びを見ると、当校が質の高い英語教育をトレードマークとしていることは明らかです。

英語学習のターゲット

さて、次のブログでは生徒様にとって一番チャレンジングなハードル、つまり英語の発音について書く予定です。

 

 
疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただけると、記事を書いた人が喜びます(^_^)

⇣英語脳を作りたい日本人にバッチグー。受講したほうがいいです。
ビデオセミナー画像

この記事を書いた人

Beth
ACERS Schoolの校長。英語への熱い情熱をそそぐ教育者。自分の信念に向かってまっすぐに進むという生き方があなたの心を打つ。さあ決めたが吉日、今すぐ私達と一緒に英語の勉強を始めましょう。英語があなたを変え、あなたが社会を変え、社会がみんなを幸せにします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す