フィリピンと英語についてあなたが知っておくべき5つのこと

フィリピン

1.英語を公用語としている国は世界中で57カ国あり、フィリピンはそのうちの1つです。

ソースはこちら(英語)

 

2.フィリピンの人口の92%が英語を話します。

ソースはこちら(英語)

 

3.ビジネス英語に関してフィリピンはNo1です。

ナンバー1

ソースはこちら(英語)

 

4.フィリピンはBPO業界(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)でNo1です。

この意味するところは、フィリピンは世界一英語でのコールセンターが多いということです。これらのコールセンターは英語が話されている国が所有していることが多いです。
ソースはこちら(英語)

例えば、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど

もしこれらの国のネイティブスピーカーがフィリピンの英語の質を信頼するなら、あなたにとって十分な説得材料になるのではないでしょうか?

 

5.英語はビジネス、書類、メディアの放送で使われています。

複雑な学問、例えば薬物学、微分積分、代数学、物理、科学、哲学、心理学、人類学、生物学 など理科全般で英語が使われています。
(小学校の教科書ですら)

英語の映画、英語のテレビ番組はフィリピン語の字幕はついていません。なぜなら英語は初等教育から高等教育までのトレーニングコースでした。ほとんどのフィリピン人は英語での会話、英語で書かれた書類を理解することができます。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらのブログを参照。
フィリピンと英語についてのビックリ
フィリピン留学についての疑問点や、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
記事をシェアしていただき、ありがとうございます。

facebookのいいねによる応援、まことにありがとうございます。